特許
J-GLOBAL ID:200903004869852822

旋回式掘削作業車

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 矢野 寿一郎
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2000-316667
公開番号(公開出願番号):特開2001-173007
出願日: 1993年10月22日
公開日(公表日): 2001年06月26日
要約:
【要約】【課題】 小型旋回式掘削作業車の作動油タンクがエンジンの近くに配置されて、作動油タンク自体が戻り油で高温化し、エンジンによっても温められるのを防止しようとする。【解決手段】 旋回フレーム(5)の略左右中央位置に運転席(1)を配置した旋回式掘削作業車において、該運転席(1)の一側に燃料タンク(2)、他側に作動油タンク(3)を配置し、該作動油タンク(3)の一端面(3a)に隣接させてラジエータ排気噴出口(24)を配置した前記作動油タンク(3)の内部に戻り油フィルタ(9)を設け、該戻り油フィルタ(9)を前記作動油タンク(3)の一端面(3a)側に偏位させて配置し、かつ、前記ラジエータ排気噴出口(24)を、前記一端面(3a)の戻り油フィルタ(9)の近接部分に向けて設けた。
請求項(抜粋):
旋回フレーム(5)の略左右中央位置に運転席(1)を配置した旋回式掘削作業車において、該運転席(1)の一側に燃料タンク(2)、他側に作動油タンク(3)を配置し、該作動油タンク(3)の一端面(3a)に隣接させてラジエータ排気噴出口(24)を配置したことを特徴とする旋回式掘削作業車。
IPC (6件):
E02F 9/00 ,  B01D 35/02 ,  B60K 11/04 ,  B60K 15/063 ,  B62D 21/18 ,  B62D 33/06
FI (7件):
E02F 9/00 M ,  E02F 9/00 P ,  B60K 11/04 B ,  B62D 21/18 E ,  B01D 35/02 E ,  B60K 15/02 B ,  B62D 33/06 E
引用特許:
出願人引用 (3件)
  • 旋回作業車のボンネツト構造
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平3-286580   出願人:ヤンマーデイーゼル株式会社, セイレイ工業株式会社
  • 特開平1-009023
  • 掘削機
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-093918   出願人:ヤンマーディーゼル株式会社
審査官引用 (3件)
  • 旋回作業車のボンネツト構造
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平3-286580   出願人:ヤンマーデイーゼル株式会社, セイレイ工業株式会社
  • 特開平1-009023
  • 掘削機
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-093918   出願人:ヤンマーディーゼル株式会社

前のページに戻る