特許
J-GLOBAL ID:200903004884148104

ブラウン管用表面保護フィルム

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平8-041530
公開番号(公開出願番号):特開平9-235523
出願日: 1996年02月28日
公開日(公表日): 1997年09月09日
要約:
【要約】【課題】前面に表面処理が施されたブラウン管についても、剥離後に糊残りや曇りを生ずることなく、付属部品の組込工程に於ける損傷を防止する。【解決手段】ブラウン管の前面に粘着剤層が接触しないようにして仮着されているブラウン管用表面保護フィルムであって、クロス分別法によって10重量%溶出したときの温度から100重量%溶出し終わるときの温度までの温度幅が30°C以下であり、重量平均分子量/数平均分子量の値が1.5〜3.5であり、且つ、1%モジュラスが0.05〜0.5kg/cmであるポリエチレン系樹脂フィルムの両端部に沿って、粘着テープの粘着剤層の一部が幅5〜100mm外方に露出するようにして幅10mm以上貼着されていることを特徴とするブラウン管用表面保護フィルム。
請求項(抜粋):
ブラウン管の前面に粘着剤層が接触しないようにして仮着されているブラウン管用表面保護フィルムであって、クロス分別法によって10重量%溶出したときの温度から100重量%溶出し終わるときの温度までの温度幅が30°C以下であり、重量平均分子量/数平均分子量の値が1.5〜3.5であり、且つ、1%モジュラスが0.05〜0.5kg/cmであるポリエチレン系樹脂フィルムの両端部に沿って、粘着テープの粘着剤層の一部が幅5〜100mm外方に露出するようにして幅10mm以上貼着されていることを特徴とするブラウン管用表面保護フィルム。
IPC (5件):
C09J 7/02 JLF ,  C09J 7/02 JHU ,  C09J 5/00 JGQ ,  C09J 5/00 JGT ,  H04N 5/72
FI (5件):
C09J 7/02 JLF ,  C09J 7/02 JHU ,  C09J 5/00 JGQ ,  C09J 5/00 JGT ,  H04N 5/72 A

前のページに戻る