特許
J-GLOBAL ID:200903004936087133

テープ用リール

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (4件): 吉武 賢次 ,  永井 浩之 ,  岡田 淳平 ,  勝沼 宏仁
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2006-137882
公開番号(公開出願番号):特開2007-308244
出願日: 2006年05月17日
公開日(公表日): 2007年11月29日
要約:
【課題】保持しているテープを容易に回収したり、また新しいテープを容易に取り付けたりすることができるテープ用リールを提供すること。【解決手段】本発明のテープ用リールは、連結軸5により互いに連結された一対のリール板20a,20bと、各リール板20a,20bに設けられ、一対のリール板20a,20b間であって、かつ連結軸5を中心とする円周Cに沿って配置された複数のテーパーピン1a,1bとを備えている。一方のリール板20aに設けられたテーパーピン1aは各々、他方のリール板20b方向に向かって延びるとともに、当該方向に向かって先が細くなっている。他方のリール板20bに設けられたテーパーピン1bは各々、一方のリール板20a方向に向かって延びるとともに、当該方向に向かって先が細くなっている。【選択図】図1
請求項1:
連結軸により互いに連結された一対のリール板と、 各リール板に設けられ、一対のリール板間であって、かつ連結軸を中心とする円周に沿って配置された複数のテーパーピンとを備え、 一方のリール板に設けられたテーパーピンは各々、他方のリール板方向に向かって延びるとともに、当該方向に向かって先が細くなり、 他方のリール板に設けられたテーパーピンは各々、一方のリール板方向に向かって延びるとともに、当該方向に向かって先が細くなることを特徴とするテープ用リール。
IPC (2件):
B65H 75/14 ,  B65H 75/22
FI (2件):
B65H75/14 C ,  B65H75/22
Fターム (9件):
3F058AB01 ,  3F058AC00 ,  3F058BB11 ,  3F058CA04 ,  3F058DA05 ,  3F058DB12 ,  3F058DC01 ,  3F058JA03 ,  3F058JA13
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • リール支持装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2002-127337   出願人:古河電気工業株式会社, 古河オートモーティブパーツ株式会社
  • 特開昭53-121182
審査官引用 (1件)
  • リール支持装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2002-127337   出願人:古河電気工業株式会社, 古河オートモーティブパーツ株式会社

前のページに戻る