特許
J-GLOBAL ID:200903005016200570

テープカセット

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 志賀 富士弥 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平6-177854
公開番号(公開出願番号):特開平8-045227
出願日: 1994年07月29日
公開日(公表日): 1996年02月16日
要約:
【要約】【目的】 低温下において、サプライリールと、該サプライリールに巻き付けられている磁気テープとの熱収縮率の差によって、上記磁気テープの内層部に弛みが発生した場合においても、該弛みが原因でシンチングが発生するのを防止する。【構成】 輸送時において、テープカセット1のサプライリール2およびテイクアップリール3の一方向への回転を阻止するサプライリール用のリールロック機構4およびテイクアップリール用のリールロック機構5を設ける。サプライリール用のリールロック機構4を、サプライリール2のテープ巻取方向への回転を阻止し、テープ送出方向への回転を許容する構成とする。テイクアップリール用のリールロック機構5を、テイクアップリール3のテープ巻取方向への回転を許容し、テープ送出方向への回転を阻止する構成とする。上記サプライリール用およびテイクアップリール用のリールロック機構4,5をラチェット機構で構成する。
請求項(抜粋):
サプライリール用のリールロック機構と、テイクアップリール用のリールロック機構とを備えたテープカセットにおいて、上記サプライリール用のリールロック機構は、サプライリールのテープ巻取方向への回転を阻止し、テープ送出方向への回転を許容する構成になっているとともに、上記ティクアップ用のリールロック機構は、テイクアップリールのテープ巻取方向への回転を許容し、テープ送出方向への回転を阻止する構成になっていることを特徴とするテープカセット。

前のページに戻る