特許
J-GLOBAL ID:200903005018187261

スタッドテンショナー

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 高橋 明夫 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-123000
公開番号(公開出願番号):特開平5-312985
出願日: 1992年05月15日
公開日(公表日): 1993年11月26日
要約:
【要約】【目的】 本発明の目的は、締結作業後スタッドに適切な軸力を働らかせるスタッドテンショナーを提供するとともに、締結作業を遠隔操作により実施でき、作業環境が好ましくない場所での締結作業を、安全に操作できるスタッドテンショナーを提供することにある。【構成】 スタッドテンショナーにおいて、スタッド頭部のねじ4b2を軸方向に引張るピストンナット5内に締結作業中にも伸び量の測定が可能なようにスタッド伸び量検出装置13を取付け、かつ、締付ナット6を回転させるナット駆動モータ10を設け、スタッド伸び量やナット回転角を所定値に高精度よく管理できるようにするとともに締結作業の省力化を行う。
請求項(抜粋):
スタッド頭部に捩じ込む締付ナットと、スタッド頭部を引張るときその反力を被締結物へ伝達する円筒シリンダと、この円筒シリンダ内に装着されたピストンと、このピストンに係止されスタッド頭部を引張ってスタッドに初期締付力を付与するピストンナットと、前記締付ナットを回転させるドライバーとからなるスタッドテンショナーにおいて、スタッドの伸び量検出装置を具備したことを特徴とするスタッドテンショナー。
IPC (2件):
G21C 13/02 ,  G21C 15/243 520

前のページに戻る