特許
J-GLOBAL ID:200903005026906544

動力農機の前輪駆動装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 林 孝吉
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平9-360948
公開番号(公開出願番号):特開平11-189056
出願日: 1997年12月26日
公開日(公表日): 1999年07月13日
要約:
【要約】【課題】 車体の旋回時に前輪を高速回転で駆動することにより旋回時間を短縮するとともに、ブレーキペダルの踏み込み状態に応じて前輪の増速比率を変化できるようにする。【解決手段】 トラクタ等の動力農機に於いて、エンジン11の動力をギヤ式変速装置22から分岐して前輪20を駆動する経路と、油圧式変速装置31の動力を伝達して前輪20を駆動する経路とを設ける。車体の旋回時には切換装置29の作動によってギヤ式変速装置22の経路から油圧式変速装置31の経路に切り換えるとともに、ブレーキペダルの踏み込み操作に応じて、前輪20の駆動量を変更することにより、旋回性能の向上と安全性の確保を図ることができる。
請求項(抜粋):
エンジンの動力をギヤ式変速装置を介して後輪に伝達するとともに、該ギヤ式変速装置から動力を分岐して前輪を駆動可能に構成した動力農機に於いて、前記ギヤ式変速装置から前輪を駆動する経路とは別に、可変式油圧ポンプを有する油圧式変速装置の動力を伝達して前輪を駆動する経路を備え、且つ、車体の旋回操作を検出する手段と、左右独立したブレーキペダルの踏み込み操作を検出する手段と、車体の旋回時には前輪の駆動を前記ギヤ式変速装置の経路から油圧式変速装置の経路へ切り換える切換装置とを設けるとともに、ブレーキペダルの踏み込み状態に応じて前記油圧式変速装置による前輪の駆動量を変更するように構成したことを特徴とする動力農機の前輪駆動装置。
IPC (2件):
B60K 17/348 ,  B60K 23/08
FI (2件):
B60K 17/348 A ,  B60K 23/08 Z
引用特許:
出願人引用 (6件)
  • 特開平2-306827
  • 特開昭64-004532
  • 作業用走行車
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平8-165306   出願人:三菱農機株式会社
全件表示
審査官引用 (6件)
  • 特開平2-306827
  • 特開昭64-004532
  • 作業用走行車
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平8-165306   出願人:三菱農機株式会社
全件表示

前のページに戻る