特許
J-GLOBAL ID:200903005099202782

電気温水器

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-096912
公開番号(公開出願番号):特開2003-294317
出願日: 2002年03月29日
公開日(公表日): 2003年10月15日
要約:
【要約】【課題】 使用者の手間をわずらわせることなく、湯切れを起こすことや、お湯が余りすぎて無駄な電力を消費することを確実に防止できる電気温水器を提供する。【解決手段】 給水温度検知手段8が検知した当日給水温度Tt、加熱時間測定手段22が測定した当日の加熱時間積算値tw、湯温検知手段6で検知した沸き上げ終了時温度Teから、単位加熱時間あたりの湯温上昇値Kuを演算手段23で演算し、その演算結果を元に貯湯タンク1の沸き上げ湯温を、湯温調節手段24で自動的に調節するようにしたので、使用者の手間をわずらわせることがなく、また、湯切れを起こすことや、お湯が余りすぎて無駄な電力を消費することを確実に防止できる。
請求項(抜粋):
貯湯タンクと、前記貯湯タンク内の水を加熱する加熱手段と、前記貯湯タンクへの給水温度を検知する給水温度検知手段と、前記貯湯タンク内の沸き上げ湯温を検知する湯温検知手段と、前記加熱手段による加熱時間を測定する加熱時間測定手段と、前記貯湯タンク内の沸き上げ湯温を調節する湯温調節手段とを備えた電気温水器において、前記給水温度検知手段と前記湯温検知手段と前記加熱時間測定手段の測定結果に基づいて単位加熱時間あたりの湯温上昇値を演算する演算手段を備えるとともに、前記湯温調節手段は、前記演算手段の演算結果に基づいて前記貯湯タンク内の沸き上げ湯温を調節することを特徴とする電気温水器。
IPC (2件):
F24H 1/18 302 ,  F24H 1/00 602
FI (2件):
F24H 1/18 302 P ,  F24H 1/00 602 C
Fターム (14件):
3L024CC05 ,  3L024CC06 ,  3L024DD03 ,  3L024DD16 ,  3L024DD23 ,  3L024EE02 ,  3L024EE12 ,  3L024GG03 ,  3L024GG05 ,  3L024GG22 ,  3L024GG38 ,  3L024GG41 ,  3L024HH03 ,  3L024HH18
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • 電気温水器
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-074755   出願人:東芝機器株式会社
  • 特開昭60-129549
審査官引用 (2件)
  • 電気温水器
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-074755   出願人:東芝機器株式会社
  • 特開昭60-129549

前のページに戻る