特許
J-GLOBAL ID:200903005102077455

論理シミュレーション方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 秋田 収喜
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平5-188042
公開番号(公開出願番号):特開平7-044588
出願日: 1993年07月29日
公開日(公表日): 1995年02月14日
要約:
【要約】【目的】 論理変更後の電子回路において、論理シミュレーションの結果確認工数を低減する。【構成】 電子回路の正常動作時のシミュレーション結果データと、前記電子回路の論理変更後の再シミュレーション結果データとを比較し、この比較結果から論理変更後電子回路の良否を判定するようにした。
請求項(抜粋):
電子回路の論理接続情報を格納した論理ファイルをもとに、この電子回路の動作を電子計算機上に再現し、その再現結果をシミュレーション結果データとして出力し、前記電子回路の良否判定を行う論理シミュレーション方法であって、前記電子回路の正常動作時のシミュレーション結果データと、前記電子回路の論理変更後の再シミュレーション結果データとを比較し、この比較結果から論理変更後電子回路の良否を判定することを特徴とする論理シミュレーション方法。
引用特許:
審査官引用 (6件)
全件表示

前のページに戻る