特許
J-GLOBAL ID:200903005135731819

管体の継手構造及び環状シール部材

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 藤本 昇 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-144291
公開番号(公開出願番号):特開平11-336966
出願日: 1998年05月26日
公開日(公表日): 1999年12月07日
要約:
【要約】【課題】 万一管体の芯ずれが起こっても、継ぎ部からの流体の漏洩を確実に防止できるようにすることを課題とする。【解決手段】 一対の管体1,2の継ぎ部Pが環状シール部材4の側面13でシールされてなる管体の継手構造であって、前記環状シール部材4の前記側面13には、該側面13から突出する環状壁16が全周に亘って形成されてなることを解決手段とする。
請求項(抜粋):
一対の管体(1,2)の継ぎ部(P)が環状シール部材(4)の側面(13)でシールされてなる管体の継手構造であって、前記環状シール部材(4)の前記側面(13)には、該側面(13)から突出する環状壁(16)が全周に亘って形成されてなることを特徴とする管体の継手構造。

前のページに戻る