特許
J-GLOBAL ID:200903005150551720

チューナ用集積回路

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-031879
公開番号(公開出願番号):特開2003-234971
出願日: 2002年02月08日
公開日(公表日): 2003年08月22日
要約:
【要約】【課題】 集積回路内には必要な回路を構成すると共に、端子の数を減らすことを目的とする。【解決手段】 UHF帯のテレビジョン信号の受信時に動作状態に切り替えられるUHF高周波増幅回路24を介してUHF帯のテレビジョン信号が入力される第一の端子(No.23)と、VHF同調回路26をVHF帯のローバンド又はハイバンドに同調するようにバンド切替するための第二の端子(No.17)とを備え、切替電圧発生回路18はUHF高周波増幅回路24の動作状態を切り替えるための切替電圧を発生する第一のスイッチ回路18aと、VHF同調回路26のバンドを切り替えるための切替電圧を発生する第二のスイッチ回路18cとを有し、第一のスイッチ回路18aの切替電圧を第一の端子(No.23)に出力し、第二のスイッチ回路18cの切替電圧を第二の端子(No.17)に出力した。
請求項1:
切替電圧発生回路と、外部に設けられると共に少なくともUHF帯のテレビジョン信号の受信時に動作状態に切り替えられるUHF高周波増幅回路を介してUHF帯のテレビジョン信号が入力される第一の端子と、外部に設けられたVHF同調回路をVHF帯のローバンド又はハイバンドに同調するようにバンド切替するための第二の端子とを備え、前記切替電圧発生回路は前記UHF高周波増幅回路の動作状態を切り替えるための切替電圧を発生する第一のスイッチ回路と、前記VHF同調回路のバンドを切り替えるための切替電圧を発生する第二のスイッチ回路とを有し、前記第一のスイッチ回路の切替電圧を前記第一の端子に出力し、前記第二のスイッチ回路の切替電圧を前記第二の端子に出力したことを特徴とするチューナ用集積回路。
IPC (2件):
H04N 5/44 ,  H04B 1/26
FI (2件):
H04N 5/44 K ,  H04B 1/26 F
Fターム (6件):
5C025AA25 ,  5K020AA02 ,  5K020DD15 ,  5K020KK02 ,  5K020KK08 ,  5K020MM01
引用特許:
出願人引用 (11件)
全件表示
審査官引用 (11件)
  • チューナ用IC
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平9-236101   出願人:アルプス電気株式会社
  • IC回路
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-322613   出願人:オムロン株式会社
  • テレビジョンチューナ
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2000-068600   出願人:アルプス電気株式会社
全件表示

前のページに戻る