特許
J-GLOBAL ID:200903005184703642

往復動型圧縮機

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 後藤 洋介 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2000-011536
公開番号(公開出願番号):特開2001-207961
出願日: 2000年01月20日
公開日(公表日): 2001年08月03日
要約:
【要約】【課題】 能力低下をきたさず,吐出脈動を低減することができるシリンダヘッド構造を備えた往復動型圧縮機を提供すること。【解決手段】 シリンダボア内を往復動するピストンと、前記シリンダボアの一端に設けられ、内部に吸入室及び吐出室を備えたシリンダヘッドとを備え、前記吸入室から前記シリンダボア内に吸入した冷媒を前記ピストンによって圧縮して前記吐出室に吐出する圧縮機において、前記シリンダヘッド10に設けられた前記吐出室5内の吐出口付近に絞り管6を設けた。
請求項(抜粋):
シリンダボア内を往復動するピストンと、前記シリンダボアの一端に設けられ、内部に吸入室及び吐出室を備えたシリンダヘッドとを備え、前記吸入室から前記シリンダボア内に吸入した冷媒を前記ピストンによって圧縮して前記吐出室に吐出する圧縮機において、前記シリンダヘッドに設けられた前記吐出室内の吐出口付近に絞り管を設けたことを特徴とする往復動型圧縮機。
IPC (2件):
F04B 39/00 101 ,  F04B 27/08
FI (3件):
F04B 39/00 101 N ,  F04B 27/08 R ,  F04B 27/08 P
Fターム (9件):
3H003AA03 ,  3H003AC03 ,  3H003BA05 ,  3H076AA06 ,  3H076BB01 ,  3H076BB02 ,  3H076CC93 ,  3H076CC95 ,  3H076CC99

前のページに戻る