特許
J-GLOBAL ID:200903005209486790

管腔通過確認装置および管腔通過確認方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 酒井 宏明
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2007-026323
公開番号(公開出願番号):特開2008-188257
出願日: 2007年02月06日
公開日(公表日): 2008年08月21日
要約:
【課題】被検者内部の所望の臓器に到達するまでのカプセル型医療装置の管腔通過性を容易に確認できること。【解決手段】本発明にかかるプレテストカプセル1は、被検者の体内に導入されるカプセル型医療装置の管腔通過性を確認する管腔通過確認装置の一例であって、前記カプセル型医療装置と略同等の外径を有する外装ケース2と、この外装ケース2に内包された色素3とを備える。外装ケース2は、被検者の大腸内に存在する特定物質によって溶解する。色素3は、この外装ケース2の溶解に伴って外装ケース2から被検者の体内に放出され、この被検者の排泄物とともに体外に排出される。【選択図】 図1
請求項(抜粋):
被検者の体内に導入されるカプセル型医療装置の管腔通過性を確認する管腔通過確認装置において、 前記カプセル型医療装置と略同等の外径を有し、前記被検者内部の所望の臓器に存在する特定物質によって少なくとも一部分が溶解する外装構造体と、 前記外装構造体に内包され、前記外装構造体の溶解に伴って前記外装構造体から前記被検者の体内に放出される視認可能な識別体と、 を備えることを特徴とする管腔通過確認装置。
IPC (1件):
A61B 1/00
FI (1件):
A61B1/00 300B
Fターム (2件):
4C061AA30 ,  4C061GG11
引用特許:
出願人引用 (3件) 審査官引用 (3件)

前のページに戻る