特許
J-GLOBAL ID:200903005269132830

円筒形ハニカムおよびその製造方法、その製造装置、およびその素子

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (3件): 岩橋 文雄 ,  坂口 智康 ,  内藤 浩樹
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2004-283880
公開番号(公開出願番号):特開2006-095408
出願日: 2004年09月29日
公開日(公表日): 2006年04月13日
要約:
【課題】円筒形ハニカムを成形する工程において、中心部から外周部までハニカムのセルを潰すことなくかつ、隙間のなきよう積層することが必要であり、そのためには、巻き取り過程の片段シートに押し付け力を一定に加えることが必要である。【解決手段】積層過程の任意の時点において片段シート104の成形高さと巻き取り段数との積と同等、あるいは前記、積に対して数パーセントの締めしろ寸法を保持するように巻き取り軸を移動させながら片段シート104を巻き取ることで、中心部から外周部までハニカムのセルを潰すことなくかつ、隙間のなきよう積層することができ、そして、中心部から外周部まで均一なセル形状および寸法であるハニカムを製造することができる。【選択図】図1
請求項(抜粋):
セラミックス繊維、ガラス繊維、あるいはその混合物を含有させた製紙あるいは不織布を基材紙とし、前記、基材紙2枚1対のうち1枚を平らなままの平面シート、他方を波形に成形加工を施した波形シートとし、それらを波形シートの稜線部で接合し片段シートを形成した後、前記、片段シートを円筒形に積層しハニカム構造を形成する製造工程において、円筒形に積層過程の片段シート最外周の端である巻き取り端を円筒形ハニカムに押さえつける働きの押さえローラーと、前記、片段シートを巻き取る時の中心となる巻き取り軸との間隔が、円筒形ハニカムを積層する任意の時点において、巻き取り軸と押さえローラー間に存在するものの高さの総和と同等あるいは、前記、総和から片段シート一枚の成形高さの約十数パーセントの締めしろ寸法を引いた値を保持するように巻き取り軸を移動させながら片段シートを巻き取ることを特徴とした円筒形ハニカムの製造方法。
IPC (3件):
B01J 35/04 ,  B01D 39/14 ,  B01J 35/06
FI (8件):
B01J35/04 301M ,  B01J35/04 301P ,  B01J35/04 321A ,  B01D39/14 B ,  B01J35/06 B ,  B01J35/06 D ,  B01J35/06 K ,  B01J35/06 Z
Fターム (36件):
4D019BA04 ,  4D019BA05 ,  4D019BB03 ,  4D019BB05 ,  4D019BC05 ,  4D019BC07 ,  4D019CA01 ,  4D019CB06 ,  4G069AA01 ,  4G069AA08 ,  4G069DA05 ,  4G069EA03X ,  4G069EA03Y ,  4G069EA10 ,  4G069EA21 ,  4G069EA24 ,  4G069EB09 ,  4G069EE06 ,  4G069FB69 ,  4G069FB75 ,  4G069ZF09A ,  4G069ZF09B ,  4G169AA01 ,  4G169AA08 ,  4G169DA05 ,  4G169EA03X ,  4G169EA03Y ,  4G169EA10 ,  4G169EA21 ,  4G169EA24 ,  4G169EB09 ,  4G169EE06 ,  4G169FB69 ,  4G169FB75 ,  4G169ZA09A ,  4G169ZA09B
引用特許:
出願人引用 (1件)

前のページに戻る