特許
J-GLOBAL ID:200903005280120399

建物の集中監視装置及びその監視方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 高田 守 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2000-209483
公開番号(公開出願番号):特開2002-024960
出願日: 2000年07月11日
公開日(公表日): 2002年01月25日
要約:
【要約】【課題】 建物の集中監視装置を少数の出動要員で各種の異常発生に対応できるものにする。【解決手段】 建物13Aで軽度の異常が発生すると、異常情報を通信装置15→情報ネットワーク18→通信装置20A〜20Xを通じて、複数の出動要員19A〜19Xに通報する。この異常の対応に適する出動要員(例えば19A)は、自分が対応することを建物13Aに応答する。これで、建物13Aは出動要員19Aを自動選択する。中程度の異常のときは第1監視センタ1が出動要員19A〜19Xと連絡して選択する。重度の異常のときは第2監視センタ7が巡回車21A〜21Yと連絡して選択する。
請求項(抜粋):
監視センタと、この監視センタにより異常を監視される建物と、上記異常発生時に対応する複数の出動要員とを情報ネットワークで結合する装置において、上記建物に設けられ異常が発生するとその異常の内容を判別する異常判別手段と、上記建物に設けられ上記判別された異常のうち少なくとも軽度の異常に対応する出動要員を上記複数の出動要員から選択する第1の出動要員選択手段とを備えたことを特徴とする建物の集中監視装置。
IPC (6件):
G08B 25/00 510 ,  G08B 25/01 ,  G08B 25/04 ,  H04Q 9/00 301 ,  H04Q 9/00 311 ,  H04Q 9/00 321
FI (6件):
G08B 25/00 510 B ,  G08B 25/01 A ,  G08B 25/04 E ,  H04Q 9/00 301 C ,  H04Q 9/00 311 K ,  H04Q 9/00 321 C
Fターム (21件):
5C087AA02 ,  5C087BB11 ,  5C087BB74 ,  5C087DD04 ,  5C087DD05 ,  5C087DD23 ,  5C087DD24 ,  5C087EE20 ,  5C087FF01 ,  5C087FF04 ,  5C087GG07 ,  5C087GG66 ,  5C087GG70 ,  5C087GG83 ,  5C087GG84 ,  5K048AA05 ,  5K048BA51 ,  5K048DA03 ,  5K048DC01 ,  5K048DC07 ,  5K048EB13

前のページに戻る