特許
J-GLOBAL ID:200903005332419410

セキュリティ回路およびセキュリティ解除方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (4件): 板垣 孝夫 ,  森本 義弘 ,  笹原 敏司 ,  原田 洋平
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-059763
公開番号(公開出願番号):特開2006-244185
出願日: 2005年03月04日
公開日(公表日): 2006年09月14日
要約:
【課題】 セキュリティレベルの高いセキュリティ回路およびセキュリティ解除方法を提供することを目的とする。【解決手段】 半導体集積回路の内部資源データ360へのアクセスセキュリティを解除する際に、外部からコード生成用プログラム300を入力し、このコード生成用プログラム300により生成された入力コード330と、あらかじめ半導体集積回路に格納されたセキュリティコード340を比較して、両者が一致しない限りアクセスセキュリティを解除して内部資源データ360へのアクセスを可能としないことにより、従来のコードに比べてプログラムは漏洩し難いため、セキュリティレベルの高いセキュリティ回路およびセキュリティ解除方法を提供することが可能となる。【選択図】 図1
請求項1:
半導体集積回路の内部資源データへのアクセスを制限するセキュリティ回路であって、 1または複数のセキュリティコードを格納する第1メモリと、 外部からセキュリティコード生成用プログラムを入力する外部インタフェースと、 前記セキュリティコード生成用プログラムを格納する第2メモリと、 前記セキュリティコード生成用プログラムにより前記1または複数のセキュリティコードに対応する入力コードを生成する入力コード生成回路と、 あらかじめ格納された前記セキュリティコードと対応する前記入力コードを比較する比較器と を有し、対応する1または複数組のセキュリティコードと入力コードが全て一致する場合に限り内部資源データへのアクセスが可能となることを特徴とするセキュリティ回路。
IPC (1件):
G06F 21/24
FI (1件):
G06F12/14 530C
Fターム (3件):
5B017AA01 ,  5B017BA09 ,  5B017CA13
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • セキユリテイ回路
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平3-234726   出願人:株式会社東芝, 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社

前のページに戻る