特許
J-GLOBAL ID:200903005379325804

ギヤ式変速機のクラッチ装置

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-357574
公開番号(公開出願番号):特開平6-193732
出願日: 1992年12月24日
公開日(公表日): 1994年07月15日
要約:
【要約】[目的] 一方の変速機軸と該変速機軸に支持される変速ギヤとの間に、両者に交互に係合する多数の摩擦板を軸方向に配列し、これら各摩擦板を流体圧によって膨張する中空作動体によって互いに摩擦係合させることにより、小型にして大きなトルクを伝達する。[構成] 一方の変速機軸と該変速機軸に支持される変速ギヤとの間に一対の加圧板、多数の摩擦板および一対の受圧板を軸方向中心部から軸方向外方に向けて順次配列し、加圧板は変速機軸にスプライン係合させるとともに、各加圧板間に膨張可能の中空作動体を介装し、摩擦板は軸方向に隣接する摩擦板を交互に変速機軸と変速ギヤとにスプライン係合させ、受圧板は変速ギヤの両側に固定し、中空作動体の室内を変速機軸の軸心部に形成したシリンダ室に連通させる連通路を設け、シリンダ室内を軸方向に移動するピストン内に形成されてその一端がピストンの外周面に開口して前記連通路と対面可能に、かつその他端が外部の流体圧力源に接続される流体供給路を設ける。
請求項1:
一方の変速機軸に変速ギヤを回転自在に支持し、該変速機軸と変速ギヤとの間に一対の加圧板、多数の摩擦板および一対の受圧板を軸方向中心部から軸方向外方に向けて順次配列し、加圧板は変速機軸に相対回転不能かつ軸方向移動可能に係合させるとともに、各加圧板間に膨張可能の中空作動体を介装し、摩擦板は軸方向に隣接する摩擦板を交互に変速機軸と変速ギヤとに相対回転不能かつ軸方向移動可能に係合させ、受圧板は変速ギヤの両側に固定し、中空作動体の室内を変速機軸の軸心部に形成したシリンダ室に連通させる連通路を設け、シリンダ室内を軸方向に移動するピストンを設け、該ピストン内に形成されてその一端がピストンの外周面に開口して前記連通路と対面可能に、かつその他端が外部の流体圧力源に接続される流体供給路を設けたことを特徴とするギヤ式変速機のクラッチ装置。
IPC (3件):
F16H 63/30 ,  F16H 3/02 ,  F16H 63/12

前のページに戻る