研課題
J-GLOBAL ID:200904000595975386  研究課題コード:6000000869 更新日:2007年05月16日

固体ロケットノズル用耐・断熱材の焼損特性評価に関する実験

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (7件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
ノズル開口部ライナ材の化学的エロージョン特性を取得する目的で,熱流束および水蒸気モル分圧の水準で実機固体モータのノズル開口部環境を模擬できるGH2/GO2ガスジェネレータを用いたエロージョン試験システムを構築した.昨年度に引き続き,水蒸気モル分圧およびノズル開口部ライナ材積層角がエロージョン率に及ぼす影響を組織的に調査した結果,広い実験条件の範囲でエロージョン特性を取得することができた.併せてCMOSカメラによるエロージョン進行状況の可視化を試み,現象を理解する上で有効な光学映像を多数取得した.
研究制度: -

前のページに戻る