研課題
J-GLOBAL ID:200904000961393212  研究課題コード:9800044714 更新日:2003年12月15日

遠隔移動指導診断システムの開発 多チャンネル化によるマルチメディア伝送技術の開発

Development of remote movement leading and diagnostic system : Development of multimedia transmission technique by multi-channelization
実施期間:1997 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
電話回線や携帯電話,PHSなどの通信回線媒体を並列に用いて外出先から多容量のデータを高速に伝達できるデータ通信回線を構築する。これによって,現場で収集した画像・音・振動・温度などの計測データを研究所へ送信し,所内の機器で分析・解析・処理した後に,結果をできるだけ早く(リアルタイムに)返すことで,従来よりも高度できめの細かい技術支援を行うシステムを開発する。本研究では,研磨・切削加工機と射出成型機を対象に,加工精度の向上のための指導診断システムと,ペンディングツールなどの機器のリモートメンテナンスによる性能維持システムの試作評価を行う
キーワード (10件):
遠隔測定 ,  遠隔制御 ,  研磨機 ,  工作機械 ,  切削 ,  データ通信 ,  工作精度 ,  データ解析 ,  設備保全 ,  異常診断
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 11,305(千円)

前のページに戻る