研課題
J-GLOBAL ID:200904001234604231  研究課題コード:6000003255 更新日:2009年05月15日

ゲノムと環境の統合解析による生命システムの機能解読

Deciphering Systemic Biological Functions by Integration of Genomic and Environmental Information
実施期間:2006 - 2010
研究分野 (2件): 生体生命情報学 ,  基礎ゲノム科学
研究概要:
本研究では、ゲノム空間とケミカル空間に関する大量データをバイオインフォマティクスで統合し、生命システムの構築原理を理解すると同時に、そこから得られる知識を医療、創薬、環境保全に役立てることを目的として、すでに生命システム情報の国際的な基盤データベースとなっているKEGGを飛躍的に発展させる。これまで生体内分子に限られていたKEGG PATHWAYの配線図に生体外分子とのつながりを含めることにより、ゲノム空間とケミカル空間との関連、及び生命システムと環境との相互作用に関する基盤情報を提供する。また、細胞・組織・器官・病気・薬効といった様々な高次の知識をKEGG BRITEの機能階層に取り入れ、ゲノムの機能解読と有効利用を促進する。さらにKEGGの日本語化も行って、わが国の知的財産権と国際競争力に貢献する。
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 金久 實
研究制度: 受託研究
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る