研課題
J-GLOBAL ID:200904001646200054  研究課題コード:9800025139 更新日:1997年10月21日

遺伝暗号の起源とtRNAアイデンティティー

Origin of genetic cryptogram and tRNA identity
実施期間:1992 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
地球外生命の遺伝情報体が地球型生命と類似の核酸であるならば,機能発現分子との間を媒介する分子が存在するはずである。地球型生命体は転移RNAをこの分子として用いている。したがって,この転移RNAのどこがこの機能発現に貢献しているかがわかれば,核酸で遺伝情報を発現する原始の様式に手掛かりが得られ,その結果は遺伝暗号の起源を推理する上に大きく役立つであろう。我々はこの考えに立って,大腸菌の20種の転移RNAをアイデンティファイする部位を総ざらいし,更に酵母の系についても進化化学的に研究を進めている
キーワード (5件):
tRNA ,  SETI ,  大腸菌 ,  同定 ,  遺伝子発現
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る