研課題
J-GLOBAL ID:200904001859561166  研究課題コード:9800023764 更新日:2006年03月16日

直鎖状分子蒸着膜の配向性と高次構造制御

Orientating and high-dimensional structure control of evaporated film by linear molecules
実施期間:1993 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
直鎖状分子を対象に、過冷却度の大きな低温領域で真空蒸着膜を作製し、分子配向性の制御要因を検討する。また、プラズマ等の外部場を利用した高次構造の制御要因を検討する。今年度は、石英基板を用いて、ポリエチレンオリゴマー等の蒸着膜を作製し、過冷却度と分子配向性との相関関係を検討する
キーワード (7件):
真空蒸着 ,  分子配向 ,  高次構造 ,  過冷却 ,  制御 ,  ポリエチレン ,  蒸着膜
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究予算: 1994年度: 4,000(千円)

前のページに戻る