研課題
J-GLOBAL ID:200904002124569372  研究課題コード:0250002059 更新日:2008年06月10日

茶加工機械の排気ダクトへのアクティブ・ノイズ制御システムの開発

Development of active-noise controlling system for discharge duct of tea-processing machine
実施期間:1999 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
住宅が隣接している茶加工工場の屋外排気ダクトからの騒音の低減を目的にアクティブノイズ制御手法によるシステムを開発、実験室レベルでの騒音制御実験で、60Hz帯では30dB以上、120Hz帯では20dB以上の消音に成功したので現場の実機に設置し、動作確認を行い10dB以上の消音効果となるようにする。調整後は消音効果の経時変化を監視する。なお、吸音材が高周波騒音の消音に有効なのに対して、本制御手法は不快感を与えると言われる低周波騒音の消音に顕著な効果がある。研究要素は騒音解析、ダクトの設計、DSPによる信号処理回路及びソフト開発である。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る