研課題
J-GLOBAL ID:200904002142603049  研究課題コード:9910002515 更新日:2003年01月31日

放射線の遺伝子に対する損傷と修復

Radiation damage and its repair in genes
実施期間:1998 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
DNA修復はDNA損傷を量的に減らす働きを有する。量的な変化に加えてDNA損傷の型の変化,すなわち質的な変化も起すと考えられる。本研究はDNA損傷の型と量に対するDNA修復の役割の検討を目的とする。材料はヒト及びマウスの培養細胞とマウスを用い,X(γ)線と紫外線の作用を比較する。主な手法はDNA修復能を有する系統と欠く系統の比較である。X(γ)線を前もって低線量照射すると,その後の照射に対して防護的に働くとされている。本研究はこの点を,生体内及び生体外において解明することをめざす。
キーワード (3件):
DNA修復 ,  突然変異 ,  発がん
プロジェクト名: 微量放射線の生物効果
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 近畿大学原子力研究所
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 武部 啓
研究制度: 経常研究
研究予算: 1998年度: 5,000(千円)

前のページに戻る