研課題
J-GLOBAL ID:200904002358741314  研究課題コード:9800036091 更新日:2003年02月27日

聴感による都市の環境音調査

Ambient sound inspection in city by hearing impression
実施期間:1996 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
住宅地,商店街,住工混在中小工場地域で,聴感調査と音種識別測定を行った。聴感調査の結果では,自然音は住宅地で構成割合が高く,商店街で低いなど,地域によって構成する音種や割合が異なることがわかった。また,音の感じが「良い」音だけでなく「悪い」音も生活上必要なら制止しない,不要な音は小さくても制止するなど,騒音レベルの大きさだけでは環境音の対応を決られないことが明らかになった。音種識別する測定方法は,音構成と音種別レベルの把握を容易にした。また,不要な音を除去したときの環境音変化を推測することも容易である。不特定音寄与率はL50との相関がよく,地域の評価指標として有力であることなどが分かった
キーワード (8件):
聴感 ,  生理音響 ,  都市騒音 ,  騒音測定 ,  地域差 ,  騒音レベル ,  騒音抑制 ,  予測技法
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る