研課題
J-GLOBAL ID:200904002471694020  研究課題コード:9800040312 更新日:2000年12月04日

着氷機構に関する研究

Study on ice accretion mechanism
実施期間:1995 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
冬期のオホーツク海や北海道周辺海域を航行する巡視船等を対象に着氷の実態を調べるとともに、着氷機構を理論的に取り扱う手法について検討する。また、しぶきの粒径、分布等をミリ波や光学的手法により計測する技術について検討するとともに、各種塗膜の着氷防止性能を評価する最適な手法について検討する。
キーワード (10件):
着氷 ,  冬 ,  巡視船 ,  オホーツク海 ,  航海 ,  飛沫 ,  船殻 ,  塗膜 ,  光学的測定 ,  最適化手法
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人海上技術安全研究所
研究予算: 1997年度: 3,300(千円)

前のページに戻る