研課題
J-GLOBAL ID:200904002708405398  研究課題コード:360 更新日:2013年10月07日

トランスジェニックゼブラフィッシュによる神経回路網の可視化

ゼブラフィッシュを用いた、神経回路網形成機構の解析
実施期間:1995 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
透明で世代期間が短いというゼブラフィッシュの利点を最大限に活かし、「生きたままの脊椎動物の、特定の神経細胞を遺伝学的に再現的に可視化する」ことをねらいとする。このよう系が確立されれば、脊椎動物の神経発生研究にきわめて優れた環境を提供するものと期待される。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る