研課題
J-GLOBAL ID:200904002815395451  研究課題コード:9800046243 更新日:2001年11月30日

機械化輪作体系の成立条件と導入対策 露地野菜の省力機械化技術の適用条件の解明

Required conditions and introduction measure of mechanized rotation system : Elucidation of application condition for labor saving meachanized technology on open culture vegetable
実施期間:1997 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
重量型露地野菜の省力化、作業の軽快化をはかる必要がある。そこで、露地野菜用移植機、中間管理作業機及び収穫機などが産地に導入されるための経営的な条件を明らかにし、地域における導入効果を予測し試算する
キーワード (7件):
野菜 ,  露地栽培 ,  輪作 ,  省力化 ,  移植機 ,  収穫機 ,  経営分析
研究制度: 経常研究

前のページに戻る