研課題
J-GLOBAL ID:200904002829463964  研究課題コード:9800012447 更新日:2006年03月03日

枝肉市場形成要因の解析と現場後代検定を利用した次世代種雄牛の造成

Production of sire bull utilizing analysis of formation factors of dressed carcass market and field progeny test
実施期間:1991 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
1)県内から出荷された黒毛和種肥育牛の分析対象と要因をパソコン入力し,2)県内産の子牛に耳標を装着し,これをもとに当場で子牛市場データから血統,子牛市場成績など転記し,母牛の血統などの調査を行う。前記の方法によって収集したデータをもとに,枝肉市場成績の優れた肥育牛を2頭以上生産している母牛を調査し,これに優れた種雄牛を交配して種雄牛候補を作出する。と同時に最小二乗分散分析,最良線形不偏予測量による種雄牛および母牛の評価を行う
キーワード (13件):
肉牛 ,  家畜育種 ,  種畜 ,  枝肉 ,  市場分析 ,  繁殖管理 ,  組合せ能力 ,  交配 ,  育牛 ,  肥育 ,  データ収集 ,  大分 ,  統計的推定
研究制度: 経常研究

前のページに戻る