研課題
J-GLOBAL ID:200904003033798707  研究課題コード:0150000456 更新日:2004年09月10日

遺伝子解析による喘息等アレルギー疾患対策・創薬推進事業 (ミレニアム・ プロジェクトMPJ-5)

The measures against allergoses including asthma using gene analysis and the project to promote the discovery of new drugs (Millennium project MPJ-5)
実施期間:2000 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
(1) 喘息等アレルギー疾患関連SNPおよび薬剤関連SNPに基づくオーダーメイド医療の確立 理化学研究所、国立がんセンター、国立医薬品食品衛生試験所との共同研究において、喘息アレルギー疾患の発症に関わる遺伝子多 型SNP等についてゲノムワイドに探索する予定。また、ステロイド薬、抗喘息薬の標的分子や代謝因子についても遺伝子多型との関連を 調査する。 (2) 網羅的遺伝子群発現量情報に基づくオーダーメイド医療の確立 網羅的DNA, RNA解析装置であるジーンチップの登場やゲノム配列解読終了により、トランスクリプトームやプロテオームの解析を臨床検 査に応用できる道が開かれた。従来の森の中の木を一本一本見て診断するのではなく、森全体を見ることが可能になったわけである。 すでに我々は、12,000の遺伝子発現レベル(トランスクリプトーム)の正常値と偏差値を設定しているが、今後、各種アレルギー疾患にお ける全遺伝子発現の変動によるオーダーメイド医療を確立していく予定である。
キーワード (1件):
Genome GeneChip
プロジェクト名: 遺伝子解析による喘息等アレルギー疾患対策・創薬推進事業 (ミレニアム・ プロジェクトMPJ-5)
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 国立成育医療センター(A058000000)
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 斎藤博久
研究制度: 保健医療分野における基礎研究推進事業
研究所管省庁:
厚生労働省
研究所管機関:
国立研究開発法人国立成育医療研究センター
研究予算: 2004年度: 240,000(千円)

前のページに戻る