研課題
J-GLOBAL ID:200904003313332479  研究課題コード:9800036276 更新日:1997年11月04日

イオン分子衝突における振動・回転励起の古典力学的hard-shellモデル

Study on the classical mechanical hard-shell model for vibrational and rotational excitation in the ion-molecule collision
実施期間:1994 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
入射エネルギーが数〜数十eVのイオンと分子の衝突において,散乱角が大きいとき,エネルギーのかなりの割合が分子の内部自由度(振動と回転)に移行する。このような励起過程を記述するために,分子を堅い殻(hard-shell)とみなす古典力学的モデルの定式化を行い,励起エネルギーと散乱角に関する二重微分断面積の解析的表式を導いた。Li++N2の系を例に取って,モデルと,実験および古典軌道計算との比較を行い,振動と回転の自由度の効果がスペクトルにどのように現れるかを調べた
キーワード (8件):
分子-イオン衝突 ,  励起 ,  力学モデル ,  定式化 ,  微分断面積 ,  自由度 ,  振動 ,  回転
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る