研課題
J-GLOBAL ID:200904003442487810  研究課題コード:0150002385 更新日:2001年03月16日

最先端の通信方式を利用した道路システムに関する調査

Study on road system using most advanced communication system
実施期間:1996 - 2000
研究概要:
本研究は、走行支援道路システムのすべてのサービスに必要な路車間通信を開発することを目的として、道路空間における電波伝播特性に関するデータを取得し、その結果に基づいて走行支援道路システムのユーザサービスを実現するために必要な通信プロトコル(通信ゾーン長・変調方式・チャンネル数等を規定する物理層、通信フォーマットやシーケンスを規定する論理層、サービス内容を規定するアプリケーション層)を設計している。11年度は、走行支援道路システム実証実験用の通信プロトコルの設計、トンネル内における走行支援サービスを提供する漏洩導波管(LWG)の電波伝播特性の把握、走行支援道路システムの実現に必要な電波のシャドウイング対策や通信ゾーンを接続するハンドオーバー機能の設計に関する基礎検討を行った。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る