研課題
J-GLOBAL ID:200904003661778529  研究課題コード:0150002427 更新日:2001年03月16日

GIS技術を活用した機械施工に関する調査試験

Investigation and examination regarding mechanized construction using GIS technique
実施期間:1999 - 2001
研究概要:
建設機械による施工は、コスト縮減・省人化を目的として自動化・ロボット化が進められてきた。しかし、建設機械の制御において、調査、測量、設計、施工に至る一連の情報を活用するまでには至っていない。一方、近年では、建設CALSを代表した建設事業の情報の共有化への取り組みや、GIS等の国土基盤情報の整備が本格化しており、今後、それら情報の有効活用が進められようとしている。本調査は、設計・施工はもとより維持管理段階における管理情報および施工情報とGIS情報との連携による、機械化施工の更なる自動化・半自動化の推進を図るため、施工関連情報の標準化手法を整理するものである。11年度は、土工機械に関連する施工支援システムについての事例調査を行い、施工支援項目と情報の流れの整理、計測管理事項、手法、データ活用先、施工支援システムの全体像、諸外国の動向調査および標準化に関する課題の整理を行った。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る