研課題
J-GLOBAL ID:200904003839340751  研究課題コード:6000000541 更新日:2007年05月10日

ソーラーセイル計画における赤外線宇宙背景放射観測の検討

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
IRTSによる観測により,近赤外宇宙背景放射が銀河形成以前の宇宙初期の天体進化と構造形成に関する重要な情報を含んでいることが明らかになった.しかし,このような観測データには,黄道光(太陽系の惑星間ダストによる太陽散乱光)が前景成分として大きく寄与しており,その差し引き精度が宇宙背景放射の測定精度を決定している.そこで,我々は次期工学試験衛星の候補であるソーラーセイルに理学観測機器として赤外分光測光器を搭載し,惑星間ダスト密度が充分低い小惑星帯以遠にて宇宙背景放射を観測することを提案した.2005年度は,本観測計画とASTRO-FやCIBERロケットで取得されるデータを相補的に扱うことにより総合的に赤外線宇宙背景放射を研究する方法について検討を進めた.
研究制度: -

前のページに戻る