研課題
J-GLOBAL ID:200904003871630311  研究課題コード:9800016494 更新日:2007年05月14日

柔軟構造物の振動制御の研究

Study on vibration control of flexible structure
実施期間:1990 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (7件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
構造物の剛性やダンパの減衰力を制御することにより,構造物の振動を減衰させるという新しい準能動的振動制御法,クーロン摩擦や粘着層による減衰効果を利用する受動的制振法,そして能動的制振について,トラス構造等を中心として理論的および実験的研究を行っている。今年度は,機能材料である液晶型ER流体を用いたアイソレータを試作し,その特性を計測し,衛星に搭載されるモーメンタムホイール等の振動源から生じる振動を衛星本体から絶縁するための準能動的制振手法の研究を行った。また,粘着層を持つポリイミド膜による受動的制振効果のメカニズムについて,高精度の試験を実施して,その結果から,従来の数学モデルの改善を行った。
キーワード (4件):
柔構造 ,  剛性 ,  防振 ,  トラス
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る