研課題
J-GLOBAL ID:200904004071813864  研究課題コード:6000002105 更新日:2008年03月06日

湿式めっき法による水素発生用電極の作製

実施期間:2007 - 2008
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究分野 (1件): 材料加工・処理
研究概要:
水素は、燃焼時に炭酸ガスなどの環境負荷物質を排出しない事からクリーンエネルギーとして注目されている。水素製造法の1つとして水電解法がある。水電解による水素製造は、本来、酸性水溶液中で行う方が水素過電圧が低く、高効率であるが、電極の耐久性あるいは、白金系電極のコスト面から、工業的な水電解は、アルカリ水溶液中で行われている。本研究では、酸性水溶液中での耐久性に優れ、また低い水素過電圧を有すると考えられるタングステンおよびリンを含有するめっき電極を作製するとともに、電気化学的手法により水素過電圧および耐久性の評価を行う。
キーワード (3件):
非晶質めっき ,  水素電極反応 ,  ニッケルータングステン合金めっき
研究制度: -

前のページに戻る