研課題
J-GLOBAL ID:200904004392623480  研究課題コード:0250003658 更新日:2003年12月15日

緩効性肥料の効率的施肥法確立試験 1)秋たまねぎに対する施肥位置改善による効率的施肥法試験

Developing the efficient application method of slow-effect fertilizers: 1) Testing the efficient application method by improving the application points for fall onions
実施期間:2001 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
秋たまねぎに対する緩効性肥料の秋施用による春融雪後10kg/10aの窒素分肥の省略化を検討する。
研究制度: 受託研究

前のページに戻る