研課題
J-GLOBAL ID:200904004604592407  研究課題コード:9800041221 更新日:2006年03月17日

励起反応制御型有機・高分子材料に関する研究

Study on excitation reaction control type organic polymeric materials
実施期間:1995 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (7件):
研究概要:
1) 研究目標 本研究では、光反応の選択性向上と制御を図る目的で、高強度光や特定波長光 の照射、及び構造制御場等で作動するゲート機構を持つ励起反応・応答系の探索、光分解性 ユニット等を精密に組み込んだ高分子の合成ならびにその励起反応特性の解明を行い、新規な 有機・高分子材料の開発に資する。 2) 研究計画 励起反応制御が可能な光機能性高分子 の開発に資するために、(1)ゲート等により制御可能な光反応。(2)光分解性高分子の合成 及びその励起反応。に関わる研究を行う。平成8年度の研究内容:(1)ゲート等により制御可能 な光反応-反応に光波長依存性を持つ化合物、短寿命の光反応生成物を中心にゲート機構を 有する光反応系を探索する。また、分子配列等分子環境の変化をゲートとする光反応制御系を 検討する。(2)光分解性高分子の合成及びその励起反応-ゲート機構を有する光反応系を 高分子に組み込むとともに、光反応性を検討する。また、新規な光分解ユニットとしてイリド構造 を検討する。
キーワード (6件):
光化学反応 ,  選択性 ,  光刺激 ,  スピロ化合物 ,  紫外線照射 ,  光増感作用
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1996年度: 21,600(千円)

前のページに戻る