研課題
J-GLOBAL ID:200904004782863848  研究課題コード:0450021033 更新日:2005年02月24日

脳卒中診療部における研究 脳梗塞

Studies in Department of Strokology : Cerebral infarction
実施期間:2002 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
脳卒中急性期患者データベース構築研究(JSSRS)で全国から登録された患者情報を解析して治療指針作成と検証を試み,治療法に統一性がなくその選択にバイアスが入っているため困難であることとラクナ梗塞のデータを用いた検証までのプロセスを報告した。脳梗塞急性期治療について秋田脳研における治療体制と指針の有用性を報告した。脳梗塞発症後3時間以降のtPA静注投与による血栓溶解療法の治療成績を検討し残存血流量を正確に評価すれば有効であることを報告した。Percusurgを用いたdistal protection下での頸動脈血管拡張術が安全で有用であることを報告する一方,Percusurgの問題点についても報告した。頸動脈ステント留置術前後における脳循環代謝をPETで検討し術後改善を認めたことを報告した。直接穿刺による頸動脈ステント術における様々なトラブルについて報告した。内頚動脈起始部のFloating Thrombusを吸引法とステントで治療した症例を報告した。バイパス術中のモニタリングについて解説した。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E070000000)

前のページに戻る