研課題
J-GLOBAL ID:200904004968550840  研究課題コード:9800027390 更新日:1996年11月08日

スギ材の建築部材利用化研究

Application of cedar timbers to structural materials
実施期間:1994 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
スギ材の建築分野への需要拡大を行うためには,ユーザーの多様化,高度化に対応できる高性能な部材の供給が必要であり,スギ柱材利用による梁の開発を目的として,各種接合方法による梁の長尺化(スパン5.4M以上)及び新素材等を利用した木材との複合化による梁の高剛性化について,1)梁の長尺化,2)高剛性化,を検討する
キーワード (4件):
スギ材 ,  合成梁 ,  長尺物 ,  剛性
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 1,299(千円)

前のページに戻る