研課題
J-GLOBAL ID:200904005320925682  研究課題コード:9800046744 更新日:1998年06月01日

個体発生過程での組織再構築におけるC1sの新しい機能について

Rales of Cls in tissue remodeling during duvelopment
実施期間:1996 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
補体第一成分C1sがいままで知られていなかったコラゲナーゼ活性など新しい機能を持つことを明らかにしてきた。特に軟骨が骨におきかわる骨化中心においてC1sが基質分解に関与することを免疫組織学的、生化学的に証明する。同時に骨化中心に侵入してくるマクロファージ様の細胞クローニング、細胞の同定、増殖因子のクローニングを行う。
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
研究予算: 1996年度: 4,475(千円)

前のページに戻る