研課題
J-GLOBAL ID:200904005569807990  研究課題コード:9800021218 更新日:2001年03月30日

バーチャルリアリティのソフトウェアにおけるオブジェクト指向の応用

Application for the software of virtual reality on object-oriented analysis and design
実施期間:1993 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
オブジェクト指向の方法にもとづいて,バーチャルリアリティのソフトウェアの生産を行うことにより,効率をあげ,信頼性の向上を計る。特にC++のクラス体系の設計において,対象領域を分析し,リアルワールドにおける事象を,コンピュータの内部でシミュレートする。クラスの再利用,引用関係を図示し,クラスを分類し,どのようなクラス体系を構築するべきかを明らかにする。また,実装においては,ノウハウによって大きな影響を受けるので,柔軟な構造を持たせる必要がある。そのため,可変的な要素をメッセージとして受け渡せるような機能と,組み込み方法を検討する
キーワード (7件):
画像処理 ,  実体視 ,  ソフトウェア ,  計算機シミュレーション ,  効率 ,  信頼性 ,  画像理解
研究制度: 経常研究

前のページに戻る