研課題
J-GLOBAL ID:200904006002636481  研究課題コード:9800048033 更新日:2003年05月14日

次世代高機能鋳鉄の創製と複合化に関する基礎的研究(岩手県)

実施期間:1996 - 1998
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (7件):
研究概要:
1) 研究目標 薄肉強靭鋳鉄をベースに、黒鉛組織、基地組織、流動性などの基礎的性質を 高次制御する研究、またステンレス鋼、セラミックス、ゴム等の異種材料との複合化を図る研究 を行うとともに、各種の高機能自動車材料、軽量耐震性建築材料、耐食性海洋材料等への応用 を目指す。 2) 研究計画 (1) 薄肉強靭鋳鉄の基地組織の傾斜とその高次制御:薄肉 強靭鋳鉄の耐摩耗性、硬度、耐食性などに影響を与える基地組織を傾斜熱処理によりフェライト からベイナイトまで傾斜的に変え、これらを高次に制御する研究を行う。 (2) コンポキャスティング 法によるセラミックス分散鋳鉄の創製とその特性評価:薄肉強靭鋳鉄の強度及び摩耗特性を 向上させることを目的として、鋳鉄の固液共存スラリーを作製し、これに様々なセラミックスなどの 粒子を添加して分散させた鋳鉄系複合材料を創製する研究を行う。 (3) 次世代高機能鋳鉄の 創製と複合化に関する基礎的研究:薄肉強靭鋳鉄をベースとして、この鋳鉄の流動性の解析と 高次制御及び鋳鉄の黒鉛組織、基地組織の傾斜制御の基礎的研究、次に強度、切削性、 耐食性などの機能を有する高機能鋳鉄を創製のための基礎的研究、更にこの鋳鉄と各種の異種 材料を複合化する基礎的研究を行う
研究制度: 科学技術振興調整費による生活・社会基盤研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1996年度: 84,755(千円)

前のページに戻る