研課題
J-GLOBAL ID:200904006128500496  研究課題コード:0150002234 更新日:2001年03月16日

水循環健全化のための環境ホルモン等リスク対策の調査検討

Investigation on measures for coping with environmental hormone for healthy water cycle
実施期間:1999 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
環境水中で女性ホルモン作用を発現する物質のうち、ノニルフェノールと女性ホルモンである17βエストラジオールは、下水処理水中でも検出頻度が高く、除去が十分に行われていない可能性がある物質である。これらの2物質を対象として下水処理過程における除去機構を明らかにし、処理条件の改善によって除去率を向上させる手法や分解能力の高い微生物等を用いてより効率的な除去を行う方法の基礎的検討を行っている。
キーワード (15件):
ノニルフェノール ,  女性ホルモン ,  17βエストラジオール ,  下水処理水中 ,  検出 ,  除去 ,  不十分 ,  物質 ,  下水処理過程 ,  除去機構 ,  除去率 ,  分解能力 ,  微生物 ,  除去方法 ,  検討
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る