研課題
J-GLOBAL ID:200904007339703438  研究課題コード:1645 更新日:2013年10月07日

神経回路網における損傷後の機能代償機構

実施期間:2004 - 2009
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
神経回路が損傷を受けた場合、残存する回路により機能代償が行われることは経験的に知られていますが、そのメカニズムは不明です。本研究では、霊長類モデルを用いて、脊髄において錐体路の損傷後に生ずる手指の運動機能回復及び大脳一次視覚野の破壊後に残存する視覚機能の回復について、遺伝子からシステムレベルまで解析を行い、その機能的・物質的基盤の解明を目指します。これらの成果はリハビリテーションにおいて新しい方策の開発に繋がるものと期待されます。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る