研課題
J-GLOBAL ID:200904007349601340  研究課題コード:9800036943 更新日:2003年12月15日

高機能及び軽量化をめざした金属基複合材料に関する研究

Fatigue behavior and mamufacturing process of TiO2/Mg MMCs by pressureless infiltration
実施期間:1996 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
1)形状記憶合金繊維を強化材とした知的複合材料の開発 形状記憶合金繊維を強化材に用い,スクイズキャスト法によりアルミニウム合金と複合化した材料の熱処理による疲労寿命と破壊抵抗との関係について検討する。2)無加圧浸透によるマグネシウム複合材料の製造プロセスに関する研究 強化材中に浸透助剤を混合し,マグネシウムの自発的浸透作用により,無加圧でマグネシウム複合材料を製造するためのプロセスについて基礎的な研究を行う
キーワード (10件):
機能材料 ,  複合材料 ,  軽量化 ,  形状記憶合金 ,  アルミニウム合金 ,  熱処理 ,  疲れ寿命 ,  破壊強さ ,  マグネシウム合金 ,  浸透
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る