研課題
J-GLOBAL ID:200904007687391750  研究課題コード:2673 更新日:2013年10月07日

河岡感染宿主応答ネットワークプロジェクト

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
世界中で2千万人以上が死亡したスペイン風邪や、いまだ記憶に新しい新型肺炎SARSなど、ウイルス感染症は時に多くの人命を奪い、世界経済にも重大な影響を与えることがあります。これまでの研究により、ウイルスを標的としたワクチンや抗ウイルス薬が開発され予防・治療に用いられていますが、ウイルスの変異や薬剤耐性ウイルスの出現、新興ウイルスへの有効性の問題など、既存の方法のみではウイルス感染症の克服には至っていません。一方で、ウイルス感染症の発症および病態は、ウイルスそのものの性状のみならず、被感染者(宿主)の生体変化(宿主応答)とのバランスにより決まることが知られています。最近の研究では、同種のウイルスでも、毒性の違いにより宿主における遺伝子発現に違いが生じるという知見が得られております。このことから、ウイルス感染症の制御において、宿主応答を標的とした新たな可能性が示唆されています。 本研究領域は、ウイルス感染に起因する宿主応答を分子、細胞、個体レベルで網羅的に解析し、情報統計学的手法を用いて宿主応答の全体像を宿主応答ネットワークとして体系化することで、ウイルス感染症の発症とその病態に影響を及ぼす宿主応答を解明すると同時に、予防・治療戦略の新たな基盤の創出を目指すものです。 具体的には、ウイルス感染症のひとつであるインフルエンザについて(1)インフルエンザウイルスのすべてのたんぱく質と相互作用する宿主たんぱく質を網羅的に解析・同定するとともに、発症・病態に関する個体レベルの変化(感染組織でのウイルス増殖、血液生化学的・病理学的所見など)の情報を集積します。また(2)毒性の異なるウイルスを用いて、各々の感染において発現が変動する宿主遺伝子を同定し、経時的かつ定量的に解析します。そして(3)これらの情報を統合し、情報統計学的手法で解析することで、ウイルス感染にともなう一連の変化を宿主応答ネットワークとして体系化します。ウイルス毒性と宿主の病態ごとに特有の宿主応答ネットワークを構築し、これらの経時変化の比較をもとに、症状重篤化を規定するネットワークの動的特性を把握・抽出を試みます。また、宿主応答ネットワークを用いた薬剤投与シミュレーション、バイオマーカーの探索など、新規治療法戦略への発展応用を目指します。インフルエンザで開発される新たな解析技術・手法はほかのウイルス感染症の宿主応答解析にも応用され、ウイルス感染症全般の解明に貢献し得ることが期待されます。 本研究領域は、ウイルス感染によって変動する宿主応答をシステム生物学の枠組みで分析し、そこから得られるネットワークの理解により、ウイルス感染症の新たな概念の確立と宿主応答に基づく新規治療戦略への発展的基盤の創出を目指すもので、戦略目標「生命システムの動作原理の解明と活用のための基盤技術の創出」に資するものと期待されます。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(総括実施型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る