研課題
J-GLOBAL ID:200904007782263440  研究課題コード:0550027037 更新日:2005年11月08日

溶湯撹拌法による複合化技術の応用に関する研究

Study on the application of composite technique by melt agitation
実施期間:2003 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
アルミニウム溶湯に遷移金属粉末を添加し溶湯を撹拌することにより、アルミニウム中に遷移金属アルミナイドが均一・微細に分散した複合材料を作製することができる。遷移金属アルミナイドは一般的に硬質かつ高融点であるため、それらが分散した材料は強度、耐磨耗性に優れていると考えられる。本年度はAC8Aアルミニウム合金中にニッケル粉末を添加することによってAl3Niを分散させた材料の機械的性質を調査するとともに、鋳造条件を最適化しAl3Niをさらに微細化させることにより機械的性質の向上を図る。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E354000000)

前のページに戻る