研課題
J-GLOBAL ID:200904008236718590  研究課題コード:0350014857 更新日:2004年11月01日

弱視者の夜間歩行に関する研究

The study on walking environment of the weak sighted people
実施期間:2003 - 2004
研究概要:
高齢者・障害者を含めすべての人にとって道路は移動のための重要な手段であるが、これまで道路の整備は車中心に進められ、人の歩行の快適性についてはそれほど配慮されてこなかった。道路照明においても安全性の観点から車道中心で歩道照明は二の次にされてきた現状がある。しかし、照明は夜間の歩行情報を得るには不可欠なものであり、なければすべての行動に支障が生じる。視覚障害者というと全盲をイメージする人が多いが、大半の方は弱視者で残されたわずかな視野・視力を使い歩行しており、夜間は歩行しづらいとの意見がある。視覚障害者こそ最も照明を必要としている人たちである。そこで本研究では、弱視者の夜間の歩行に着目し、弱視者の夜間における視認特性を明らかにするとともに、弱視者の立場での歩道照明のあり方等について研究する。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E369000000)
研究予算: 2004年度: 926(千円)

前のページに戻る