研課題
J-GLOBAL ID:200904008352609633  研究課題コード:0450024081 更新日:2004年09月17日

前額面上および水平面上での歩要容改善機能を有する義足パーツの開発

Development of an artificial limb component that can improve users' walking functions on frontal and horizontal planes
実施期間:2004 - 2005
研究概要:
様々な高機能なパーツが開発された今日においても,義足使用者が義足に体重を預ける動作は熟練を要し,また緊張を強いる動作である.この結果,義足使用者は義足側で立つ度に,上半身を義足側に傾げる動作(以下体幹の側屈)を伴う異常歩行を行なうか,上半身を常に義足側にずらすことにより脊柱を変形させてしまったりしている.また,下腿義足(膝と足首の間で切断者が使用する義足)では義足に体重を預ける度に膝関節に左右動揺がみられることがある.これらの問題に対し,前額面上および水平面上で必要とされる機能を明らかにし,その機能を有する義足パーツを開発することにより,義足使用者の負担を軽減し,歩容改善を行なうことを本研究の目的とする.すでに既存のパーツを流用することによって,前額面上での機能の付加により義足使用者の歩行に影響をおよぼすことが可能である事は確認できている.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E369000000)
研究制度: 受託研究
研究予算: 2004年度: 1,129(千円)

前のページに戻る