研課題
J-GLOBAL ID:200904008765755450  研究課題コード:9800046224 更新日:2001年11月30日

機械化輪作体系の実証と評価 経営及び地域に対する経済性の評価

Demonstration of the mechanized rotated culture system and its evaliation: Evaluation of its management system and economic effect on the regional activity
実施期間:1997 - 2001
研究概要:
岩手県の農業就労人口は減少の一途であり、40才未満の農業専従者は4分の1に減少し急激に高齢化している。このため、農作業の省力化・軽快化が重要であり、特に野菜栽培においては機械化が急務となっている。また、露地野菜は連作障害が発生しやすく、産地を維持するには輪作体系の確立が不可欠である。このため、キャベツ・ダイコン等を対象に省力機械化技術体系を導入実証し、更に、持続的機械化畑輪作技術を体系的に実証し、環境や経営など多面的な成立条件と効果を明らかにする
キーワード (7件):
キャベツ ,  栽培管理 ,  輪作 ,  ダイコン ,  機械化 ,  農業経営 ,  経済性
研究制度: 経常研究

前のページに戻る